FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 さて、経島にあった「お光の碑」ですが、これは小木の伝説の「佐渡情話」にゆかりのあるもののようです。
 伝説の内容は、概略次のとおり。

 小木の漁師の娘であるお光は、佐渡に来ていた柏崎の船大工・吾作に恋をする。
 しかし、吾作は佐渡での仕事が終わり、帰ってしまう。
 お光は考えた末、毎夜たらい舟に乗って柏崎まで通う。
 はじめは楽しかった吾作だったが、実は妻子持ちだった。そこで、毎夜来るお光が恐ろしく感じるようになった。
 ある日五作は、お光が来る時間帯に、目印の常夜灯(灯台)を消す。
 目印を失ったお光は、やがて海にのまれ、死んでしまった。
 朝になって、お光の亡骸を見つけ、後悔する吾作。後を追い、吾作も海に身を投げ、死んでしまう。

 ――うーむ、情話ですねぇ。沖縄の「伊江島ハンドー小」や「恥うすい坂」の筋書きとも相通じるものがあります。
 同じ内容のものが、寿々木米若の浪曲「佐渡情話」で全国に紹介され、「お弁と藤吉の物語」と、登場人物の名を変えて語り継がれています。
 柏崎の番神岬、諏訪神社の境内には「お光・吾作の碑」があり、その隣りには与謝野晶子の「たらい舟 荒波もこゆうたがはず 番神堂の灯かげ頼めば」の歌碑があるとのことです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mayoeruhibi.blog.fc2.com/tb.php/1959-7c041987
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。