もうひとつ、赤泊でのご紹介。
 話が前後するのですが、赤泊で駐車をしたのは、先のメイン交差点からフネの発着所のほうに少し行ったところにある「佐渡市赤泊行政サービスセンター」の前。そこには大きな帆掛船がありました。
 車に戻ってきて、まずはセンターの公衆トイレで用を足して、改めてそのモニュメントを見てみたところです。ちょっとハリボテっぽいつくりですけどね。(笑)
 礎石には「佐渡奉行渡海の御座船」とあり、右脇の説明板には次のように記されていました。

 佐渡金山隆盛時の正徳4年(1714)、幕府の天領であった佐渡の奉行が二人制となり、渡海の出港地も出雲崎から寺泊に変わった。
 以後幕末まで奉行が佐渡へ赴任する時は、寺泊から赤泊に渡るコースがとられた。
 奉行の乗った船には4畳の仕切があり、葵の御紋がついた帆を張って、朝五ツ(午前8時)頃寺泊港を出港し、七ツ(午後4時)頃赤泊港へ着いた。
 我先にと引船役をかって出迎える漁師衆や歓迎の村人らで港は賑わった。
 その晩奉行は、赤泊に泊まり、翌朝相川へ向かったという。

 ふーん。寺泊~赤泊コースなのですね。8時間かかったってか!
 赤泊って重要な港だったのだろうな。
 ちなみに、右下に写っているのはわが愛車です。

 時計は11時半を回った。さてと。赤泊地区や佐渡島内に伝承されてきた情緒あふれる素朴な芸能が紹介されているという「赤泊郷土資料館」にも寄りたかったけど、やむなく省略だな。島の東南海岸沿いに40数キロをドライブして、両津方面へと向かうことにしようか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mayoeruhibi.blog.fc2.com/tb.php/1964-e6598f68