FC2ブログ


 赤泊から1時間近くドライブして次に寄ったのは、牛尾神社。
 事前勉強で得たものは次のとおり。

 792年に出雲大社より勧請創建した神社で、元は八王子大明神と言い、牛頭天王を併せ祀っていた。
 地元では天王さんと呼ばれ親しまれている。
 三方唐破風造という高度な建築様式で、くり彫り梁は現在では再現できない見事なものである。
 牛尾神社の名は近江日古神社21社のうち、八王子社の鎮まる山を牛尾山と称しているところから来たものと思われ、日吉神社との開係がうかがえる。
 牛尾神社に伝わる大般若経には松雲寺の名がある。聖徳太子像や十二神将を伴った薬像などが宝物として保管してある。
 静かな境内には樹齢400年の安産杉がそびえ立っており、子授けや安産に霊験あらたかで、今も民間信仰を集めている。
 県指定文化財でもある能舞台は、島内の独立能舞台のなかでも本格的なもので、毎年6月12日に薪能が奉納される。

0525.jpg

 自分がアプローチしたのは裏参道だったようで、拝殿正面から入る正式ルートはその反対側にあったようです。
 進んでいくと、神社の境内は広く、芝が施されていて美しいし、社殿が大きい。正面向かって左手にある能舞台もすごく立派です。
 まず圧倒されるのは、拝殿の彫刻です。そのすごさは正式ルート側の大鳥居からも様子がわかるほどです。鯉、竜、その他動植物、物語等が刻まれているとのこと。
 現地にあった佐渡市教育委員会が建てた説明板によれば、次のとおり。

拝殿の彫刻  佐渡市指定文化財
 社殿は、明治34年(1901)に再建されたもので、拝殿正面、側面、後面に施されている彫刻群は、明治35年から5年間かけて彫られたものである。
 くり彫りによる立体的で、芸術性に富み豪華な彫刻群である。

 能舞台もとても立派。佐渡には独立の能舞台が30棟ほどあるということですが、牛尾神社の能舞台はその中でも本格的能舞台といわれる3棟のうち内の1つで、また、能楽の中心となった国仲四ヶ所御能場の1つでもあるのだそうです。
 同説明板によれば、次のとおり。

能舞台  新潟県指定文化財
 能舞台は、明治34年(1901)に再建されたもので、屋根は瓦葺正面入母屋造り、柱8寸、かぶら懸魚の妻飾り、背面は寄棟造り、二タ軒本繁垂木(ふたのきほんしげたるき)の工法をとっている。毎年6月12日に例祭宵宮薪能が演じられている。

0530_20161228065748eaa.jpg

 うーん、ここはいい。寄った甲斐あり。
 牛尾神社にはこのほかにも、参拝をすると子宝に恵まれ安産がかなえられるという樹齢約1千年の御神木「安産杉」(佐渡市指定文化財)があったし、見てはこなかったけれども一名「春日の面」「雨乞いの面」といわれる能面翁2面(新潟県指定文化財)もあるという。
 小高い山ひとつが全部神社の敷地のようになっていました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mayoeruhibi.blog.fc2.com/tb.php/1967-87992e4c