FC2ブログ


 両津でのもうひとつは、「村雨の松」からすぐ南に架けられた橋です。
 「両津らんかん橋」。何度か架け替えられてはいますが、古くからある橋だというので見ておこうと思ったものです。
 橋を渡った南側の袂にある建物の壁に、次のように記された案内板が打ち付けられていました。

両津らんかん橋の由来
 夷、湊の両町をつなぎ、両津らんかん橋の名で親しまれてきたこの橋は、昔から境橋(さかいばし)とも呼ばれてきました。橋下には、境川と称して両町を分ち、湖水が僅かに海へ注ぐ所の川があったからです。
 島の東部に位置し、相川道や前浜方面に通ずる交通の起点として、この橋が最初に架けられるのは、町がスケト・鱈の延縄漁を生業とし、また島内の重要港として口屋(後の番所)が置かれ、港町として始まりをもつ江戸初期のことです。
 御普請橋として、佐渡奉行所によって架けられたこの橋は、江戸時代を通じ幾度も架け替えが行われていますが、その規模長さを17間、横1丈はかわることなく、昭和4年の架け替えまでは木橋(板橋)でした。
 現在の橋は、昭和56年6月竣工されたもので、長さ34.4メートル、幅13メートルあります。

  両津欄干橋や 真中から折りようと 船で通うても やめりゃせぬ
  私とお前は 御番所の松よ 枯れて落ちても 二葉連れ


 なるほどね、「両津」というのは「夷」と「湊」の集落を合わせた呼び名なのですね。
 なお、「らんかん橋」というと自分の場合、奄美のシマウタでうたわれる同名の橋を思い浮かべますが、らんかん橋といわれる橋は日本全国にあり、往時各地方の道路元標ともされていて、他町村よりは欄干橋まで何里何町と表示されていたのだそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mayoeruhibi.blog.fc2.com/tb.php/1974-416081f9