FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 置賜の通算19カ所めは、長井市芦沢。
 持っているパンフレットには2つの住所があり到着まで少し迷ったものの、着いてしまえばああここかと。伊佐沢からさらに東の奥に入った芦沢集落のどんづまりにありました。

 昔、下伊佐沢の松川渡船場近くに、宮中儀式の設営を担当する役をもつ「志釜家」があり、その屋敷内に祀られていたものが現在の地に移築されたといわれています。
 1723(享保8)年に、老朽化の進んだお堂が地区の有志によって全面改装され、現在の朱塗りの観音堂が完成したとのこと。その後も改修されてか、屋根なども新しい感じでした。
 本尊は秘仏とされており、代わりに奉納された十一面観音を拝することができます。鍵の掛けられた入り口には懐中電灯が置かれ、それで顔を拝むことができる趣向でした。

 石段脇にあった「芦沢観音の杉」はかなり立派な巨木。長井市指定天然記念物となっています。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。