FC2ブログ


 自分にとって「最上」では25番目の巡礼地。2018年になってからは最初の訪問地となります。
 行ってみてわかったのは、その場所がかつて通勤でよく使った千歳山沿いの抜け道沿いにあったこと。急なアップダウンのある細道で、冬になるとよく滑って、側溝に脱輪する車が多発する場所でした。

 観音堂は、耕龍寺という立派なお寺の山手のほう。
 その耕龍寺は、滝山地区振興協議会が立てた説明板によれば次のとおり。

 康平5年(1062)には平清水地区の奥地の深山というところにあって、観音菩薩を祭礼する天台宗の寺だったが、応永元年(1394)には肥前国佐賀城下の玉林寺の徒弟自玉和尚によって現在の千歳山西麓に移されて、清水山耕龍寺と号したといわれている。
 以後、曹洞宗の名刹となる。
 境内には、深山以来の観音菩薩を祀り、最上三十三観音第6番札所として信仰をあつめている。
 また、隣接する西国三十三観音の石仏も信仰をあつめ、子育能化地蔵尊の石仏は瞠目に値する
 その他、年中水の乾くことのない阿古耶姫にまつわる硯石がある。
 墓地には陶祖・小野藤治平の墓がある。

 平清水は焼きものの里でした。
 小高いところにある観音堂の裾野は一面の墓地。耕龍寺って檀家がたくさんいるのだろうな。
 ありゃ、晴れているのに雨が降ってきたぞ。

mogami33-06-2.jpg

スポンサーサイト
Secret