FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 置賜三十三観音めぐりの30か所めは、白鷹町深山の深山観音。
 ここには以前一度だけ来たことを覚えています。職場の上司だった長井市出身のNさんと白鷹町出身のHさんに連れて行ってもらったので、それは昭和63年のはず。つまり、ここは30年ぶりになるわけです。

 訪れてみると、記憶にある風景とはずいぶん異なります。もっと広くて、暗かった印象がありますが、イメージは勝手な方向に増幅していくものなのかもしれません。それでも背後の山々の眺めに関してはほぼ記憶どおりだというのが不思議です。

 エントランスはご覧のとおり。この右手には駐車場とトイレが整備されています。
 その石段を上っていくと・・・。
 「大悲閣」の額を伴った山門があり、その奥に、立派な茅葺の屋根を冠した観音堂がありました。
 全体として、端正というか、女性的な佇まいの境内だと感じたところ。

 境内左手にあった案内板から。

国指定重要文化財 観音寺観音堂 昭和28年3月31日指定
 観音堂の建つ深山地区は、会津仏教と神仏習合の羽黒修験との交流する交通の要路に位置していた。
 観音寺観音堂は、天台宗観音寺(元、羽黒系修験宗)の所属堂である堂は、阿弥陀堂建築として、古風な形を残すところに、文化史的価値が認められ、昭和28年に重要文化財に指定された。
 創建年代は明らかではないが、柱上組物の舟肘木と丸い円柱は、平安風を思わせる。
 昭和29~31年の解体修理工事の時の調査で、唐様式虹梁や構造的貫(ぬき)等の存在から、建立年代が室町後期と推定された。
 建築様式が、阿弥陀堂建築であるのに対して、堂内に安置されている本尊は、会津立木観音の流れをくむと考えられている丈六をこえる千手観音像である。・・・
  平成3年12月
  山形県教育委員会 白鷹町教育委員会

oitama33-08-2.jpg

 ここは立派。国指定だけあります。
 本尊の千手観世音菩薩坐像は、お参りすると腰から下の痛みが治るといわれており、御利益のあった人々はお礼にわらじやサンダルを供えるのだそうです。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。